HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 2歳戦注目馬【11/15 OP福島2歳S】

2歳戦に想定されている注目馬を紹介!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近5年になっています。
近年の勝ち馬にはアンヴァルやメイソンジュニアが1200~1600の重賞で好走しています

 

福島10R OP福島2歳S
芝1200

フォドラ

騎手:吉田隼
父:ロードカナロア
母:セイングレンド
性別:牝
厩舎:牧浦
 

戦歴

新馬戦は函館芝1200を逃げ切り勝ち。続くG3函館2歳Sも逃げ粘るも、勝ち馬と0.1差の4着。3戦目はG3小倉2歳S、ここでは逃げず中団からレースを進め、直線伸びるもモントライゼ、メイケイエールから0.9秒と大きく離された3着。

 

調教

11/11栗坂良 馬なり単走で55.0-12.8と軽め。1週前追い切りでは古馬3勝クラスに互角以上と、しっかり追っています。

総評

吉田隼人騎手、ロードカナロア産駒と福島芝1200の好条件がそろっており、おそらく1番人気に推されるでしょう。前走小倉2歳Sで3着で、先着したモントライゼ・メイケイエールが次走で重賞を勝っていることからも本馬に期待がかかります。

ルクシオン

騎手:西村淳
父:エイシンフラッシュ
母:ヘヴンリーボイス
性別:牝
厩舎:河内

 

戦歴

新馬戦は小倉芝1200で逃げ切り圧勝。2戦目のG3小倉2歳Sではフォドラに次ぐ4着。前走はOPききょうS、中団からレースを進めるも直線伸びずに4着。

 

調教

11/11栗CW良 2歳未勝利強めを馬なりで先行同入。

総評

こちらも重賞4着と出走馬の中では実績上位。ただし小倉2歳のときの記事でも書いたように、エイシンフラッシュ産駒の重賞成績は近3年芝重賞成績0-0-1-48と奮いませんが、芝OPだと2-3-2-30とやや戦えています。それでも複勝率20%以下ですから、人気で軸にするのは難しいかもしれません。

 

ルミナスライン

騎手:丹内
父:マツリダゴッホ
母:マイネエストレア
性別:牝
厩舎:清水英

 

戦歴

新馬戦は福島ダ1150で9着も、その後は芝の未勝利戦を使われ、4戦目の中山芝1200で勝ち上がり。2着に0.4差で楽に逃げ切り勝ち。

 

調教

11/11美南W良 2歳未勝利一杯の外を追走先着。

総評

福島2歳Sは前走未勝利組からも好走馬が出ていますが、その共通点として着差に注目しました。0.0~0.2差の僅差で勝ち上がった馬と0.3差以上の勝ち馬では大きく結果がわかれています。詳しくはにほんブログ村にて。やはり昇級初戦だけに辛勝で勝ち上がった馬は厳しいということでしょう。

 

イチオシ!

 

今週の2歳戦のイチオシ情報競馬ブログランキングにほんブログ村のブログ紹介文にそれぞれ掲載中です!
にほんブログ村は、バーナーをクリック⇒ランキングポイントを表示⇒プロフィールです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもご覧いただきありがとうございます!