HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 2歳戦注目馬【11/14 デイリー杯2歳S】

2歳戦に想定されている注目馬を紹介!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近5年になっています。
近年の勝ち馬にはG1NHKマイルを勝ったアドマイヤマーズがいます。
例年は京都芝1600外で開催されていますが、今年は京都競馬場の改修工事のため阪神芝1600外で行われます。急坂があるコースだけに例年とは好走馬の傾向が変わってくるかもしれません。

 

阪神11R G2デイリー杯2歳S
芝1600

レッドベルオーブ

騎手:福永
父:ディープインパクト
母:レッドファンタジア
性別:牡
厩舎:藤原
 

戦歴

新馬戦は新潟芝1600稍、スタートが決まるも道中で折り合いを重視した結果、位置が中団に下がり、直線大外に出して追い込むも先行から抜け出したストゥーティを差し切れず2着。続く中京芝1600の未勝利戦では、好スタートからそのまま2番手追走、直線入り口では先頭に立ち、そのまま後続を突き放し3馬身半差の圧勝。勝タイム1:33.1は2歳レコード。

 

調教

11/4栗CW良 古馬2勝クラス馬なりを追走先着。馬なりで81.8-11.8とタイムも上々。

総評

注目すべきは未勝利戦のパフォーマンス。前半3F34.0の2歳戦としては超ハイペースの中、先行から後続を突き放しての2歳レコードは、能力の高さの片鱗が見てとれます。この未勝利戦の2着馬カスティーリャ、4着馬グレナディアガーズはその次の未勝利戦で楽勝しています。さらに勝タイムは同日に同コースで行われた野路菊Sよりも2秒以上早く、翌日の古馬3勝クラスと0.3差。
懸念点としては、少頭数でスローペースになった時や馬場が渋った時に新馬戦同様、取りこぼす可能性です。

ホウオウアマゾン

騎手:松山
父:キングカメハメハ
母:ヒカルアマランサス
性別:牡
厩舎:矢作

 

戦歴

新馬戦ではキングカメハメハ産駒らしく初戦の仕上がりが緩く、フラーズダルムに後塵を拝しての2着。しかし未勝利戦では新馬戦と同条件の阪神芝1600外で上がり最速で番手から押し切り勝ち。3戦目の野路菊Sは5頭と少頭数で行われ、ここでも先手を取っての逃げ切り勝ち。

 

調教

11/4栗CW良 一杯に追われ単走。83.7-12.1とタイムとしては水準。

総評

常に先手が取れるのがこの馬の強みです。12頭登録していますが、おそらくダブル登録の分だけ減ると思われますので、10頭程度になりそうです。少頭数を活かし、スローペースにできるかが鍵でしょう。
不安要素としては勝った2戦とも1枠1番からのレースだったこと。外枠や出遅れて中団からのレースになったときは厳しいかもしれません。

 

カイザーノヴァ

騎手:坂井
父:モーリス
母:ステラリード
性別:牡
厩舎:矢作

 

戦歴

新馬戦は函館芝1200でスタートで後手を踏むも、大外からすごい脚で差し切り勝ち。2戦目は連闘で函館2歳Sに挑むもHペース追走に苦労したようで、キレのある脚が使えず5着。3戦目のクローバー賞は距離延長が功を奏し、新馬戦同様に大外から一気に差し切り勝ち。

 

調教

11/4栗坂良 強めに追って単走も54.4-13.8とタイムは平凡。

総評

モーリス産駒の初重賞馬としての期待がかかりますね。この馬の性質からして外回りの1600戦は合うと思います。ただし、ここまでのレースメンバーレベルは疑問で、敗れた函館2歳Sの1着~4着馬はG3で3着がやっとです。

 

スーパーホープ

騎手:川田
父:キズナ
母:ケンホープ
性別:牡
厩舎:藤岡

 

戦歴

新馬戦は東京芝1600稍では出遅れから直線伸びず、新潟2歳S2着のブルーシンフォニーに敗れ4着。続く未勝利戦では、今回出走してくるホウオウアマゾンにを差し切れず2着。休み明けの4戦目、京都芝1400未勝利戦でやっと勝ち上がりました。

 

調教

11/4栗坂良 2歳未勝利一杯と併走、馬なりで先行同入と軽め。

総評

キズナ産駒は阪神芝1600外の成績は5-3-3-28で単勝回収値が198と高く、穴をあけることがあります。また鞍上の川田騎手はG2に特に強く、12-7-8-34 勝率20%/複勝率44%の好成績。
ただし調教を見ても、仕上がりが良いとはまだ言い難いです。

イチオシ!

 

今週の2歳戦のイチオシ馬競馬ブログランキングにほんブログ村のブログ紹介文にそれぞれ掲載中です!
にほんブログ村は、バーナーをクリック⇒ランキングポイントを表示⇒プロフィールです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもご覧いただきありがとうございます!