HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 2歳戦注目馬【10/31 アルテミスS part2】

2歳戦に想定されている注目馬を紹介!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近5年になっています。
近年の勝ち馬にはG2ローズSを勝ったリアアメリア、G1を3勝したラッキーライラック、有馬記念含むG1を4勝したリスグラシューなど活躍馬多数。

 

東京11R G3アルテミスS
芝1600

ククナ

騎手:ルメール
父:キングカメハメハ
母:クルミナル
性別:メス
厩舎:栗田
母クルミナルはG1桜花賞2着の実績馬。

 

戦歴

新馬戦は札幌芝1500で出遅れながらも上がり最速で追い込み3着。次戦、同条件の未勝利戦では4コーナーから位置を上げ、再び上がり最速で差し切り勝ち。

 

調教

10/21美南W良 新馬馬なりを相手に一杯に追われ追走から遅れ。

総評

ルメール騎乗で人気になりそうですが、調教を見る限り状態は良くなさそう。また東京芝1600のキングカメハメハ産駒の重賞成績は1-2-5-31で印象より悪い数値です。人気するようなら嫌うのが得かもしれません。

ストゥーティ

騎手:三浦
父:モーリス
母:リラヴァティ
性別:メス
厩舎:奥村豊
良血シンハリーズ一族で、母リラヴァティ、伯父アダムスピークは重賞勝ち馬、さらに叔母のシンハライトはG1オークス馬です。

 

戦歴

新馬戦は新潟芝1600で先行から抜け出し、2着のレッドベルオーブをアタマ差しのいだ。2着レッドベルオーブは次走、中京芝1600の2歳レコードで圧勝しています。

 

調教

10/22栗CW良 2歳未勝利と併せ、馬なりで追走同入。騎手騎乗で内を通っていますので、83.0-12.0は目立つタイムではないです。

総評

新馬戦で倒した相手を考えると注目の1頭ですが、鞍上の三浦騎手は東京芝1600重賞で0-0-1-11と結果が出ていません。現状は相手候補でしょう。

ユーバーレーベン

騎手:柴田大
父:ゴールドシップ
母:マイネテレジア
性別:メス
厩舎:手塚
半兄マイネルファンロンはG2スプリングSで3着。

 

戦歴

新馬戦は東京芝1800不良で行われ、出遅れながらも最後差し切り勝ち。2戦目のG3札幌2歳Sではこちらも出遅れから大外を回し、マクリながら上がり最速でクビ差2着。

 

調教

10/21美南W良 古馬1勝クラスを馬なりで追走同入。

総評

新馬戦は不良馬場で行われたこともあり、適性が高かった可能性があります。実際、新馬戦の2着~5着の馬はまだ未勝利で、6着のレガトゥスは次走良馬場で巻き返しました。札幌2歳も良馬場とは言え、開催後半の洋芝で上がり最速が36.6と時計がかかったレース、ユーバーレーベンの適性にマッチしていたと思います。
さらにゴールドシップは距離延長と短縮に大きな差があります。芝の1勝クラス以上で前走から距離延長が3-2-4-20に対し、距離短縮が0-2-1-16。欧州色が強いゴールドシップ産駒は前走からスピードを求められる短縮のレースを苦手としています。軸にするのは不安ですね。

イチオシ!

 

今週の2歳戦のイチオシ馬 競馬ブログランキングにほんブログ村のブログ紹介文にそれぞれ掲載中です!
にほんブログ村は、バーナーをクリック⇒ランキングポイントを表示⇒プロフィールです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもご覧いただきありがとうございます!