HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 2歳重賞注目馬【9/5札幌2歳S】

2歳重賞に想定されている注目馬を紹介!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近5年になっています。

 

札幌11R
芝1800

ピンクカメハメハ

騎手:武豊
父:リオンディーズ
母:タバサトウショウ
性別:牡
厩舎:森

 

戦歴

前走は函館新馬戦で好スタートからハナを奪い、一度先頭を譲るも4角で奪い返し、そのまま上がり最速で圧勝。

 

調教

9/2札芝良 66.1-11.8を単走馬なり

総評

リオンディーズ産駒初の重賞勝ち&母25歳時の産駒と注目が集まる1頭。半姉にスイープトウショウと血統的にも期待されています。一方、開催後半のため内馬場が良くなく、先週を見ても外有利の傾向が懸念。

 

ユーバーレーベン

騎手:戸崎圭
父:ゴールドシップ
母:マイネテレシア
性別:メス
厩舎:手塚
 

戦歴

前走の新馬戦は東京芝1800不良のレースを差し切り。

 

調教

9/2札芝良 一杯に追われ、63.9-11.8。古馬1勝クラスを追走同入。

 

総評

兄のマイネルファンロンも重馬場で勝ち上がったことから、前走は不良馬場の適性が高かった可能性があります。しかし昨年ワンツーを決めたゴールドシップ産駒ということで、相手としては考えたいですね。

ウインルーア

騎手:横山武
父:ゴールドシップ
母:コスモエルデスト
性別:牝 
厩舎:青木
 

戦歴

新馬戦は芝1200で最下位。その後の未勝利戦札幌芝1800を上がり最速で差し切り。

 

調教

9/2札芝良 3頭併せの中央で追い切り、馬なりで65.8-11.9と軽め。

 

総評

初戦の芝1200はゴールドシップ産駒の適性がないコースだけに度外視でいいと思います。昨年ワンツーだったゴールドシップ産駒の2頭は前走中団から速い上りを使えていたことなど、共通点が多い。

 

ソダシ

騎手:吉田隼
父:クロフネ
母:ブチコ
性別:メス 
厩舎:須貝

 

戦歴

前走は函館芝1800新馬戦で番手から抜け出し上がり最速で余裕勝ち。

 

調教

9/2札芝良 強めに追われた古馬1勝クラスを追走から先着。映像見ると、ラストの直線で一気に突き放す姿が○

 

総評

血統的にダートで大成する可能性がありますが、前走や調教を見ると洋芝適性は十分あり、好走する条件がそろっている1頭でしょう。

  

イチオシ!

 

札幌2歳Sのイチオシ!競馬ブログランキングと、にほんブログ村のブログ紹介文にそれぞれ掲載中です!
にほんブログ村は、バーナーをクリック⇒ランキングポイントを表示⇒プロフィールです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもご覧いただきありがとうございます!