HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 新馬戦注目馬【7/25,26想定馬①】

新馬戦に想定されている注目馬を紹介!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近3年になっています。

 

7/25 新潟5R
芝1600

アカイトリノムスメ

騎手:戸崎
父:ディープインパクト
母:アパパネ
性別:メス 
厩舎:国枝
馬主:金子真人ホールディングス 
生産:ノーザンファーム
育成:ノーザンファーム空港
3冠馬同士の仔として常にアパパネの仔は注目されていますね。上にはジナンボーやラインベックがいて、堅実には走っていますが、ホームランはまだ出ていません。

 

調教

7/15美南W重 新馬強めと併せて先行同入と目立った内容ではないですね。7/8も同コースでの追切でしたが、この日はタイム・動きともに良さそうでした。

 

総評

上に3頭いて全頭勝ち上がりと堅実な一族。初の牝馬でどうなるか楽しみですよね。なお、新潟芝新馬戦のディープインパクト産駒の成績は、3-3-3-3複勝率75%/単勝回収値103/複勝回収値107とまずまずの数字になっています。

 

グランメテオール

騎手:石橋脩
父:ダイワメジャー
母:ライラックスアンドレース
性別:牡
厩舎:松永幹
馬主:サンデーR 
購入金額:6000万円
生産:ノーザンファーム
育成:ノーザンファーム空港
姉に阪神JFなどG1を3勝している女傑ラッキーライラックがいる良血馬。

 

調教

7/15栗CW稍 併せた3歳未勝利を一杯に追って追走から1秒以上も遅れと内容は最悪でした。厩舎のコメントを見ると、馬場を気にして足取りが悪くなっていたのでそれほど追わなかったとありますが、当日のレースも雨予報なので気になるところです。

 

総評

ラッキーライラックの父オルフェーヴル産駒はあたりを見つけるのが難しく、血統でどうこうという感じでない分、上が走ったからという安心感があまり感じられません。馬券的には初戦を見したようが良さそうです。

 

ノースザワールド

騎手:松山
父:ディープインパクト
母:パスオブドリームズ
性別:牡 
厩舎:大久保龍
馬主:スリーエイチレーシング 
生産:下河辺牧場
育成:下河辺牧場
半姉に昨年POGで大活躍だったクラヴァシュドールがいます。母系を見ると、母父父Storm Catや母母父サンダーガルチなどの米国血統で、ディープインパクトと好相性に見えます。

 

調教

7/15栗CW稍 騎手騎乗で馬なりながら、一杯の古馬2勝クラスを追走から先着と抜群の内容。さらに全体82秒台、ラスト1Fも11秒台とタイム的にも◎

 

総評

同レースに出走するメンバーの中では血統、調教と総合評価は現状1番ですね。人気が割れそうなのであれば、大きく勝負したい1頭です。

 

リフレイム

騎手:木幡巧
父:American Pharoah
母:Careless Jewel
性別:牝 
厩舎:黒岩
馬主:山口裕介 
購入金額:4300万円
生産:米国産
近年日本のダートで活躍馬を多く出しているAmerican Pharoah産駒の○外。母Careless Jewelは米G1アラバマS(ダ2000)の勝ち馬。

 

調教

7/15美南W重 騎手騎乗馬なりでラスト12秒台と好内容。さらに一度捻挫する前の6月では同コースで79秒台の猛時計をマーク。帰厩後の坂路でも52秒台と、坂路でもコースでも時計が出せています。

 

総評

ダートなら確勝級ですが、芝のレースという点が不安ですね。 American Pharoah産駒はダート新馬戦成績が、3-1-0-0と完璧な一方、芝新馬戦は0-0-0-3とすべて人気を裏切っています。サンプルは少ないですが、あれだけダートで走る産駒を出せるということは、逆説的に芝はダメである可能性が高いです。

 

7/26 新潟5R
芝1800

ヴェルナー

騎手:川田
父:キングカメハメハ
母:アディクティド
性別:牡 
厩舎:高野
馬主:キャロットファーム
金額:6000万円 
生産:ノーザンファーム
育成:ノーザンファーム空港 
全兄にクルーガー(G2マイラーズC 1着)、サクセッション(G2スプリングS 3着)がいます。

 

調教

7/15栗P稍 3歳未勝利一杯を追走から先着し、ラストは11.3と抜群。

 

総評

以前、POGドラフト終了後の記事で指名したかった1頭に挙げていました。一度入厩したときにすでに坂路で53秒台をマークしていました。大型馬であることで初戦落とす可能性はありますが、勝ち負けの1頭でしょう。

 

サンデーアーサー

騎手:松山
父:ハーツクライ
母:シンハディーバ
性別:牡
厩舎:岡田
馬主:杉野公彦
金額:2億7000万円
生産:ノーザンファーム
育成:ノーザンファーム空港 
POGでは大人気のシンハリーズ一族です。叔母にリラヴァティ(G3マーメイドS 1着)、シンハライト(G1オークス 1着)がいます。上に2頭いてどちらも中央で勝ち上がっている点もプラス材料。

 

調教

7/15栗CW稍 馬なりで3歳未勝利馬の外を先行同入。81.9-12.1ですから、タイム的にはまずまずでしょう。

 

総評

最近の調教で追走先着がないので、当週追い切りでどの程度強めに追ってくるか注目しています。血統的には当たりであってもおかしくないのですが、同馬主の高額馬サンデージャックが2戦して惨敗しているのが気になります。

 

ドゥラヴェルテ

騎手:石橋脩
父:ドゥラメンテ
母:タミーン
性別:牡 
厩舎:木村
馬主:DMMドリームクラブ 
購入金額:3600万円
生産:下河辺牧場
育成:ファンタストクラブ
上にはあまり活躍馬がいませんが、母系の近親には海外G1馬が複数いる血統です。

 

調教

7/15美南W重 一杯に追われ、古馬OPを追走から遅れでしたが、5F66.7でラスト12.2ですからタイム的にはいいと思います。

 

総評

非ノーザンファーム産のドゥラメンテ産駒の成績がいまいちであること、上も4頭いて中央勝ち上がりが1頭のみと不安材料が目についてしまいます。

 

レイオブウォーター

騎手:石橋脩
父:ディープインパクト
母:ノーブルジュエリー
性別:牡 
厩舎:友道
馬主:大塚亮一 
購入金額:9600万円
生産:社台ファーム
育成:社台ファーム
友道厩舎のディープインパクト産駒、ヨーホーレイク、レッドジェネシスに続いて3週連続出走ラストですね。上に2頭いますが、2頭とも中央勝ち上がりと堅実。

 

調教

7/16栗CW稍 ラストを強めに追われ、古馬1勝クラスを追走同入。全体時計はまだ詰めてきていません。

 

総評

友道厩舎×ディープインパクト産駒の新馬戦成績は抜群の数字ですが、社台F×ディープインパクト産駒の芝新馬戦の成績は人気によって大きく異なります。
3番人気以内で16-9-11-25 勝率26%/複勝率59%
4番人気以下で1-0-2-22 勝率4%/複勝率12%
と顕著な差があります。当日3番人気以内にはなると思いますが、もし人気しない場合は避けたほうが良さそうです。

7/26 新潟5R
芝1800

グレナディアガーズ

騎手:川田
父:Frankel
母:ウェイヴェルアベニュー
性別:牡 
厩舎:中内田
馬主:サンデーレーシング
金額:1億2000万円
生産:ノーザンファーム
育成:ノーザンファーム早来 
母ヴェイヴェルアベニューは米G1BCフィリー&メアスプリント(ダ1400)の勝ち馬。

 

調教

7/15栗芝稍 3歳未勝利馬を馬なりで追走先着。併せた未勝利馬は先週のレースで勝ち上がっていて、好印象です。

 

総評

調教内容とプロフィールから人気になると思いますが、Frankel産駒の芝新馬戦成績は、3-1-1-9 勝率21%/複勝率36%/単勝回収値52/複勝回収値47と買いたくなる数字ではないですね。せめて勝負するなら単勝でしょう。

 

フライングバレル

騎手:三浦
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
性別:メス
厩舎:安田隆
馬主:ロードホースクラブ 
金額:4800万円
生産:ケイアイファーム
育成:ケイアイファーム 
祖母や伯父に米G1勝馬が並ぶ良血馬。全兄に短距離重賞5勝のダノンスマッシュがいます。上に全部で4頭いますが、そのうち3頭が勝ち上がり、もう1頭のロードシャムロックも2着続きで勝ち上がりが見えています。

 

調教

7/15栗CW稍 新馬と一杯に併せて先着。6Fで80秒台と全体時計が優秀。

 

総評

欲を出さずに1400戦を選択してきたところがプラスですね。半兄のロードゼウスを指名していましたが、1800、2000で連続して負けて1600で勝ち上がりいました。当馬も短いところで勝負になりそうです。

 

イチオシ!

上記記事の中のイチオシ馬競馬ブログランキングと、にほんブログ村のブログ紹介文にそれぞれ掲載中です!
にほんブログ村は、バーナーをクリック⇒ランキングポイントを表示⇒プロフィールです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもご覧いただきありがとうございます!