HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 新馬戦注目馬【7/4】

新馬戦に想定されている注目馬を紹介!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近3年になっています。

 

7/4 福島5R
芝1200

ビーマイベイビー

騎手:岩部
父:ジョーカプチーノ
母:デスティニーラブ
性別:牝 
厩舎:加藤和
馬主:ミルファーム 
生産:ミルファーム 
ジョーカプチーノ産駒ということで注目している人は少ないでしょう。産駒は芝のマイル以下で活躍していて、芝新馬戦×当日8番人気以内で3-3-1-11、複勝率39%、単勝回収値90、複勝回収値145と好成績。ミルファームは芝の短距離で活躍馬を多く出していますね。

 

調教

6/24美坂稍53.3-12.1一杯とタイムとしては十分。併せた新馬を追走先着というところもプラス評価できます。さらにラスト1Fは当日美浦坂路の2歳馬最速。

 

総評

母デスティニーラブも福島芝1200で勝ち上がっているので、血統的に合いそうです。調教内容からも、同レースの出走メンバーの中では力上位と判断しています。

 

ロンギングバース

騎手:石橋修
父:ラブリーデイ
母:ロンギングシャネル
性別:牡 
厩舎:竹内
馬主:坂本浩一 
生産:細川農場
新種牡馬ラブリーデイ産駒です。ここまで5頭がデビューして、最高着順は4着と結果はまだ出ていません。兄姉は2頭いて、中央での勝ち上がりはアイスナインの1頭。

 

調教

6/24南W稍66.4-12.7強め 併せた年長馬を追走同入でまずまずの調教。

 

総評

半兄は中山ダート1800での勝ち上がりだったように、芝適性が低い可能性がありますね。調教的には買えますが、2番手以下の評価でしょう。

 

7/4 阪神5R
芝1400

ジャカランダレーン

騎手:福永
父:ラブリーデイ
母:ウリウリ
性別:メス 
厩舎:中内田
馬主:金子真人HD 
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港
母ウリウリはG3京都牝馬Sなど重賞2勝の快速馬。叔父にダービー馬マカヒキがいる血統馬です。

 

調教

6/25栗東CW良70.7-11.8馬なり ラスト1Fは馬なりで12秒を切ってきましたね。他にも古馬と併せて追走同入を繰り返していて、調子が良さそうです。

 

総評

父母ともに金子オーナーの所有馬ということで、注目でしょう。血統や調教内容からは十分に勝負になりそうです。

 

ユリシスブルー

騎手:松山
父:モーリス
母:アナスタシアブルー
性別:牝 
厩舎:西村
馬主:シルクレーシング 
購入金額:2000万円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港
大型の牝馬。祖母にライラプス(G3クイーンC 1着)がいる血統です。

 

調教

6/24栗東CW良83.5-12.3一杯 併せた一杯の新馬を先着でしたが、騎手騎乗のユリシスブルーに対し、併せた新馬は助手騎乗だったので、正直物足りなさが残ります。

 

総評

母アナスタシアブルーはPOGで指名していたこともあり、リストに入れてました。
懸念点はモーリス産駒。ここまで新馬戦の成績が0-3-3-10です。頭で勝負するのは現状避けたいですし、今週の調教内容によっては無印もあり得ます。

 

レッドロムルス

騎手:北村友
父:キングカメハメハ
母:レッドクラウディア
性別:牡 
厩舎:安田隆
馬主:東京ホースレーシング 
購入金額:4600万円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム早来
母レッドクラウディアは地方重賞G3クイーン賞勝馬。

 

調教

6/25栗東CW良81.8-12.5一杯 騎手騎乗で併せた馬なりの新馬に遅れというのが気になります。

 

総評

先週の坂路ではタイムも出ているので、ダート馬の可能性が高いです。母が地方で活躍したこと、また父キングカメハメハ×母父アグネスタキオンはダートに活躍馬が多く、現役馬だとダノンフェイス、エジステンツァ、ホウオウライジンがいます。
芝の新馬戦で買うのは避けたいところです。

 

7/4 阪神6R
ダ1200

デュアリスト

騎手:北村友
父:ミッキーアイル
母:デュアルストーリー
性別:牡
厩舎:安田隆
馬主:サンデーレーシング 
金額:2000万円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港
新種牡馬ミッキーアイル産駒です。ミッキーアイル産駒はここまで7頭デビューし、まだ勝ち上がりはありません。ただすべて芝のレース。ダートはサンプルがないため、楽しみではありますね。

 

調教

6/25栗東CW良82.1-11.7馬なり 古馬OPと併せて追走同入と抜群です。

 

総評

半兄のデュアルスウォード、デターミネーションはダートで活躍していること、調教内容から勝ち負けは固いと考えます。
 

7/4 函館5R
芝1200

プライムデイ

騎手:ルメール
父:キズナ
母:ベストオブミー
性別:牡
厩舎:加藤征
馬主:スリーエイチレーシング 
生産:千代田牧場 
母ベストオブミーはG2フィリーズレビューで2着。兄姉は5頭デビューし3頭が勝ち上がり。

 

調教

6/24函芝良51.6-12.0仕掛け 馬なりの古馬と併せて追走、0.1秒遅れとまずまず。その1週前の美南Wでも古馬を追走同入と古馬相手にくらいついています。

 

総評

ルメール騎乗で人気になるでしょうが、勝ち負けできるか自信はないです。。今週の調教も見て判断しましょう。

 

イチオシ!

今週デビューの中でのイチオシ馬競馬ブログランキングと、にほんブログ村のブログ紹介文にそれぞれ掲載中です!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつもご覧いただきありがとうございます!

 
これから競馬をより深く知りたい方におすすめ!

Amazon 競馬研究所3プロが勝負する厳選ダートコースガイド


これから競馬をより深く知りたい方におすすめ!

Amazon 競馬研究所4プロが勝負する厳選芝コースガイド