HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 新馬戦回顧【6/20,6/21】

次走のためにも新馬戦の結果を振り返っておきましょう!

 

6/20 東京5R
芝1400

クールキャットが中団を追走、直線はインをついて2着のソングラインに2馬身差の完勝。クールキャットには予想でも◎を打っていました。2着のソングラインはクールキャットの後ろから進めて、なおかつ外を回す競馬になったことがマイナスに。上がりは最速でしたし、次走で勝ち上がる見込みは十分にありそうです。

 

6/20 阪神5R
ダ1200

勝ったレディステディゴーは直線までは4番手、2・3着馬と最後まで競り合っていましたが、ラスト100mで抜け出し1馬身差をつけての勝利。勝負根性があるところが見られましたね。坂路では重/馬なりで51秒台を出しており、調教がそのままレースに繋がった形でした。また全姉にナックビーナス(キーンランドC 1着)がおり、今後まだまだ短距離で活躍できそうですね。

 

6/20 函館5R
芝1200

土曜日の新馬戦で1番衝撃を受けたレースでした。1着のモンファボリはスタートよく先頭に立ち、影も踏ませず逃げ切り勝ち。さらに勝タイム1:08.7はこれまでのコースレコードを0.5秒上回りました。函館2歳に出てきたら文句なしの1倍台の1番人気でしょう。血統的には父Frankel×母フォーエヴァーダーリングで、母はG2サンタイネスS(米ダ1400)勝馬のアメリカ血統。Frankel産駒の大物はやはり今年も牝馬から出てきましたね。

 

6/21 東京5R
芝1600

土曜日の新馬戦に続き、スクリーンヒーロー産駒の4番人気ブルーシンフォニーが勝利。ラスト100mまではカランドゥーラが残ると思いましたが、豪快に外から上がり最速(3F34.2)で差し切り。スクリーンヒーロー産駒は6月の新馬戦で2-1-1-1と好調!
一方、本命にしていたスーパーホープは坂下で手応え余裕で抜けてくる!?と思いましたが、坂を上ってから失速し4着。今回は輸送もありましたので、次走は関西圏でのレースに期待です。

 

6/21 阪神5R
芝1600

1番人気のシュヴァリエローズが3/4馬身差で勝利。2着は2番人気のブレイブライオン。道中シュヴァリエローズが3番手、その後ろにブレイブライオンという隊列、最後の直線は激しい2頭のたたき合いで見ごたえありましたね。1000m通過が1:01.6と新馬戦の中ではタイムが速く、レースのラスト2F目が10.7ですから、上位2頭は10秒台の脚を使ったことになります。日曜日の新馬戦の中で、最もレベルが高かったと言っていいでしょう。

 

6/21 函館5R
芝1200

勝ったのは1番人気のブルースプリット。ゴドルフィンの○外。ゴドルフィンは東京新馬戦のブルーシンフォニーと合わせて日曜日2勝。中団前からレースを運び、直線で抜け出し上がり最速で1.1/4馬身差の完勝。見た目的には強い勝ち方でしたが、前日のモンファボリのレースタイムと比べてしまうと、0.8秒も違うのでタイムで見劣りしてしまいます。もちろんレースタイムで一概に馬の力関係を決められるわけではないですが、現状やはりモンファボリがスゴイということになりますね。

 

総評

モーリス産駒は開幕から3週目までの新馬戦で、0-3-2-7という成績で、いまだに新馬戦の勝ち馬はゼロ。一方、ディープインパクト産駒はまだ3頭しか今シーズンはデビューしていませんが、2-1-0-0と優秀。POGの戦略的には、まだまだディープインパクト産駒にお世話になった方が良さそうです。

 

POG2020-21

6/28阪神デビューの注目馬競馬ランキングの紹介文に掲載中です!

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

これから競馬をより深く知りたい方におすすめ!

Amazon 競馬研究所3プロが勝負する厳選ダートコースガイド


これから競馬をより深く知りたい方におすすめ!

Amazon 競馬研究所4プロが勝負する厳選芝コースガイド