HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG 新馬戦注目馬【6/21(日)東京&阪神】

新馬戦の中から、注目馬をpick up!
なお特に表記がない場合、データの対象期間は近3年になっています。

 

東京5R 芝1600

アークライト

騎手:ルメール
父:ディープインパクト
母:ヒストリックスター
性別:牡
厩舎:藤沢和
馬主:キャロットファーム 
購入金額:1億2000万円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港
全姉に重賞4勝のハープスター(G1桜花賞 1着/G1阪神JF2着/G1オークス 2着)がいる血統馬。今期のPOGで大人気の1頭でしょう。ハープスターは過去のPOGでの指名馬で気になっていたのですが、私個人の鉄の掟『G1指名馬の弟妹は取らない』があるため、リストには入れていませんでした。この掟がなぜあるのかはまた後日お伝えするとして、それ以外に1番個人的に気になるプロフィール、それが

『ディープインパクト産駒×キャロット×牡』

上記プロフィールの賞金獲得上位6頭が生涯獲得賞金1億円超えになっており、上から順に
1位 リアルインパクト
2位 ステファノス
3位 シャインニグレイ
4位 フェルメッツァ
5位 アーデント
6位 フレールジャック
並べてみてお気づきでしょうか?
実は、ダービー後に活躍した馬が多いのです。上記の馬の中でダービーまでに重賞を勝利したのはシャイニングレイのみ(G2時代のホープフルステークス 1着)
リアルインパクトは安田記念を勝ちましたが、ダービー前はG1朝日杯FSで2着が重賞の最高順位です。
さて、アークライトはどうなっていくのでしょうか。

 

調教

◆大江原 6.7 美浦 坂良 2回 55.9-40.9-26.1-12.9 馬なり余力
クラヴィスオレア(古馬3勝)馬なりを0.3秒追走0.6秒先着
◆木幡育 6.10 美浦 坂良 1回 55.2-40.1-25.8-12.4 馬なり余力
カランドゥーラ(新馬)馬なりを0.5秒追走同入
◆木幡育 6.14 美浦 坂重 1回 55.8-40.7-26.3-12.8 馬なり余力
クラヴィスオレア(古馬3勝)馬なりを0.6秒追走同入
以前はラスト1Fで13秒を切れずにいましたが、ここ2週の坂路タイムを見ると、十分な時計に見えます。藤沢厩舎特有の馬なり坂路ばかりなので、正直わからないところもありますが、古馬3勝クラスと併せて互角なら合格点でしょう。

 

総評

ここまで牡馬の評判馬が軒並み凡走をしているために、netkeibaのPOG指名でアークライトの取捨に悩まれている方もいらっしゃると思います。馬体重が530㎏前後あると言われていることも気になりますね。
一方、プラス要素は牧場の育成段階での評価が間違いなく高かったことです。
このあたりを踏まえ、どう評価するか。今週の追切まで悩みましょう。

 

阪神5R 芝1600

シュヴァリエローズ

騎手:川田
父:ディープインパクト
母:ヴィアンローズ
性別:牡 
厩舎:清水久
馬主:キャロットファーム 
購入金額:8000万円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港
こちらもアークライト同様、『ディープインパクト産駒×キャロット×牡』ですね。全姉にローズノーブル、半兄にアジュールローズ(OPプリンシパルS 1着)がいます。母は仏の芝2000m重賞ノネット賞勝馬。父ディープインパクト×母父Sevres Roseはこの母の産駒しかいないため、サンプルがありません。Sevres Roseの父Caerleonを母系に持つディープインパクト産駒には、サトノラーゼン(G1日本ダービー 2着)、ベルキャニオン(OPプリンシパルS 1着)がいます。

 

調教

◆川田 6.10 栗東 CW良 80.3-65.1-50.8-37.8-12.1 位置[8] 馬ナリ余力
ホシムスメ(三未勝)一杯の内0.8秒先行0.9秒先着
グランデフィオーレのCW調教でも触れましたが、6/10のシュヴァリエローズのタイムは抜群に良いですね。騎手騎乗とはいえ、全体が80秒台かつラスト12秒前半なら勝ち負け濃厚ですね。

総評

今週の調教時計に注目ですが、1番人気濃厚ですね。1点不安要素は厩舎です。清水厩舎はキタサンブラックが有名ですが、近年POG期間で活躍した2~3歳馬はほとんどいません。またダートで活躍馬が多いことも気になりますね。

 

ブレイブライオン

騎手:福永
父:ディープインパクト
母:フラーテイシャスミス
性別:牡 
厩舎:西村
馬主:ライオンレースホース 
購入金額:2億円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港
私の今期POG指名馬です!以前記事にしていますので、詳しくはそちらを参照してください。

 

調教

◆福永 6.10 栗東 坂良 1 回-52.3-37.6-24.4-12.5 一杯に追う
カセドラルベル(古馬2勝)一杯を0.1秒追走0.4秒遅れ
6/10坂路調教タイムの52.3は同日の栗東2歳の最速。当週の調教はコース追いで見てみたいですね。

総評

4月末から入厩し、2か月入念に調教されてきており、乗り込み量は十分。父ディープインパクト×母父Mr. Greeleyも強調材料。不安はやはり母系です。ダートでの活躍馬が多いので、そのあたりが芝のレースでどうなるかでしょう。

 

POG2020-21 注目馬

6/20東京デビューの注目馬競馬ランキングの紹介文に掲載中です!

 

いつもご覧いただきありがとうございます!


これから競馬をより深く知りたい方におすすめ!

Amazon 競馬研究所3プロが勝負する厳選ダートコースガイド


これから競馬をより深く知りたい方におすすめ!

Amazon 競馬研究所4プロが勝負する厳選芝コースガイド