HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG指名馬紹介⑨

9位指名
馬名:クロンターフ

母:チェリーコレクト
父:ディープインパクト
性別:牡
厩舎:木村
馬主:サンデーレーシング 
購入金額:1億円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム空港

 

5頭目のディープインパクト産駒です。今年はディープインパクト産駒が結構指名されずに下位でも残ってました。モーリスやドゥラメンテ産駒が上位で指名されていた影響ですね。

ディープインパクト×牡×サンデーレーシングというと、フィエールマンやアルアイン、リアルスティールなど大物がいますね。ただフィエールマンは期間中は新馬と条件戦勝っただけなので、期間内の活躍ではなかったですが。フィエールマンとアルアインは過去のPOGで指名していて、相性もいいです。毎年このプロフィールは3頭ほどいるんですが、今年は僕が指名したクロンターフだけ。例年と比べると異常で、ギルティブラックも育成の遅れが気になったのか、誰も指名せず終わったのは意外でした。

母チェリーコレクトは伊オークスの勝ち馬で、兄姉は3頭いますが全頭勝ち上がっていて、さらにダノングレースとワーケアはオープン馬。つまり2/3でオープンまで出世しています。
母父Oratorioはまだ日本で3頭しか出走馬がいないため見えないところもありますが、Oratorioの父がデインヒルなので、血統的には問題なし。

気になるのはまず馬体重。今年のディープインパクト産駒の2歳馬は、牡馬が全体的に小さめなんですよね。全姉の2頭はともにデビュー時が430㎏前後で、本馬が460㎏程度。デビューは秋になるので、それまでに成長して480㎏くらいになってくれれば。もう一つは厩舎。木村厩舎はディープインパクト産駒の牡馬はゼーヴィントしか活躍馬を出していないんですよね。プリモシーンやフローレスマジックのように牝馬の方が活躍馬がいます。もしかしたら厩舎の育成とディープ産駒の牡馬が合わないのかもしれませんね。


競馬ランキング


これから競馬をさらに学びたい
アナタにおすすめ!

競馬研究所4 プロが勝負する厳選芝コースガイド