HLの乾坤一擲

①POG&2歳3歳馬情報配信 ②2歳戦3歳戦レース予想

2020-21POG指名馬紹介①

今シーズンのPO馬の指名理由について、推し要素と不安要素の両方の観点から書いていきます。

 

1位指名
馬名:サトノレイナス

母:バラダセール
父:ディープインパクト

性別:メス 
厩舎:国枝
馬主:サトミHC 
購入金額:1億円
生産:ノーザンファーム 
育成:ノーザンファーム早来

 

僕は牝馬の方が当たりを引きやすいジンクスがあるので、今年も1位で牝馬を指名しました。
ディープインパクト産駒を選ぶときに重要な要素が個人的に3つあります。
①2番仔~8番仔あたりまで
②全兄・全姉がいる、かつディープ産駒の2番仔であること
③その全兄姉よりデビュー時の馬体重が大きい
今まで、ハープスターアルアイン、リアアメリアなどはこれらの項目に該当しており、自信をもって指名できました。他にも該当馬は多数います。
サトノレイナスの全兄は1つ上のサトノフラッグです。サトノフラッグのデビュー時の馬体重は490㎏、サトノレイナスは現在470㎏強なので、馬体重で全兄を超えることは難しそうですが牝馬ということを考えれば十分と判断しました。
また血統的には、父ディープインパクト×母父Not For Sale であり、同じ配合は他に4頭デビューして3頭勝ち上がり、そのうち2頭は重賞勝馬のダノンファンタジーとサトノフラッグです。ディープ×母父米国型は2歳戦で強さを発揮します。さらにNot For Sale はナスルーラ―系で、グランアレグリアアルアインの母父も同じナスルーラ―系。晩年のディープと好相性なのも推し要素です。
不安要素は脚質。全兄サトノフラッグは中山で3勝と小回りで長くいい脚を発揮するタイプ、牝馬は切れる脚がないと重賞では活躍できないので、その点が兄と似てしまうと勝ち上がるが、重賞で歯がゆい思いをすることになりそう。。
現在入厩しており、オークスに出走するマジックタイム相手に南Wで馬なり半馬身先着と実力の片鱗をすでに垣間見せています。
牝馬が強い国枝厩舎ですから、普通に行けば重賞は勝てる!うまくいってG1勝ってほしいですね。

 

これから競馬をさらに学びたい
アナタにおすすめ!

競馬研究所4 プロが勝負する厳選芝コースガイド